上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

エッセイ『傘』  つづき
kasa 2
「お願いッ、開かないで!あなた、室内で傘を開くととんだ災難がおこるってこと知らないの?悪運を招くってことを!」

ええェ? いや、知らなかったよ。そんな迷信がイタリアにあったなんて。

だが、この際イタリアの迷信を重視している場合ではない。
こっちは傘をすぐにも必要としている客なのである。

しかも、一生に何回モノにするか分からない、55ユーロもする英国製を買わされようとしているのだ。

「ちょっとだけ。ネ、だって開いてみないと好みに合うかどうか分からないもの。」
そして再び手に力をこめた。

「お願い!だめよ。絶対にだめよ。」
もう泣き声に近かった。
すでに悪運に取り付かれてしまったて感じだ。

こっちも,分けがわからなくて、妙な気持ちになってきた。
けったいな物に取り付かれてしまったって気分だ。
こんなゴタゴタで,代理店の仕事はパーになってしまうかもしれない。
何とかしないと。

そのときである。
若者が頭に雑誌をのせて「チャオ!」と元気に店の中に飛び込んで来たのだ。

 この隣のとなりのバールでときたま見る顔だ。
むこうも笑顔でうなずいた。

「レモ!お客さんが店の中で傘を開こうとするの。あたし恐いわ。あたし、こういうことにとっても弱いのよ。あんたからもよく説明してあげて」

そこまでしつこいと、意地でも開けたくなるのが人情ではなかろうか?

でも、例えばの話、彼女、交通事故にあったと仮定する。
『見て!あのとき、あんたが傘を開いたからよ!』
なーんてことになったらやばい。

 知的で綺麗な店員だと思っていたのに、評価一転、愚かなハスッパ娘に見えて来た。

若者は戸惑ったように薄笑いを浮かべていたが、結局は娘の肩をもった。

「もちろん、屋内で傘を広げたりすることを我々イタリア人はしないんだよね。おれはまあ、それほどこだわらないけど、うちのオフクロなんかだと、それこそ大変なんだ」
そして、店の外に目をやって、
「もし、こんなに雨が降っていなければ・・・」
雨が降っていなければ表へ出て、思いきり開いて、じっくりとあれこれ吟味することができるのにと言いたいのだろうか。ふざけるンじゃあない!

もういい。時間がない。柄がどうのこうの言っている場合ではない。
急いで金を払うと、ほっとしてお礼の言葉を述べる言葉を後に、ドアを開けて傘をいっぱいに開き、雨の中へ飛びだした。
こんな大きな傘ははじめてだ。重い。

さしてみて不思議・・・・広々として自分の体が乾いた空間と一体化して、こんな大雨の中なのにじめじめした気分がない。

買ったのは間違いではなかったと言い聞かせて、バス停に向かって大股に足を運んだのだった。

             *

 それからまた、いくばくも経った雨もようの正午。
ほんの小雨なので、傘なしで急ぎ足の人達もいる。
僕はご丁寧に曰く付きの傘をさして、ポモドーロ作の現代彫刻のある広場で友達を待っていた。
ミラノの中心街である。

約束の時間かっきりに、友人は代理店の正面玄関に現われた。
彼は無遠慮に笑った。

「大きな傘が眼に飛び込んできて、すぐにはKだとは分からなかったよ。人間が傘にのみ込まれているみたいだ」
大柄な友人は遠慮なしに好き勝手を言う。それを、こっちは調子を合わせて笑う。

全く言われるまでもないことなのだ。ウインドーに傘をさした自分を映して、どう見ても傘の大きさとチビ自分のバランスがとれていない。
あたかも傘がフアフア歩いているように見える。
にもかかわらず、ボクはこの傘を無性に気に入っている。

これをさしていると、自分が保護されている気分になるのである。
太い取っ手をしっかりにぎって雨の中に立つと、気分がゆったりする。こせこせ歩かなくても大雨の中をゆっくりと歩くことができる。乾いた空間が、たのもしく外界と遮断してくれる。

柄だってまあまあってとこ。
渋いボルドーカラーに、くすんだグリーンのストライプ。やや玉虫がかっているのも気に入っている。

高級品って、やっぱり違うんだよね、どっか。

この傘をさすとき、必ずこれを買ったときのことを思い出す。
LORD'Sにはあれ以来入っていない。ゴルフにはまったく興味がないし、英国製にもしかりだ。

 あのきれいな愛嬌のある店員が飾り付けのために ウインドウの中に入って、狭い檻の中の動物のようにもそもそ動いているのを見たことがあった。
彼女はガラスを隔ててすぐ近くで見られているのも気がつかず、神経を集中していた。                      (完)K


*けんじのひとこと /この傘は今でも重宝に使っています。安物の傘ならすぐ亡くしてしまう自分なのに。人間ってゲン金なものです。傘にちなんだ忘れがたい思い出もあるので、機会があったら書きます。傘にちなんだ短編小説も読んで頂きたいのもです。        
スポンサーサイト

| 『傘』 | 23:59 │Comments1 | Trackbacks0編集

エッセイ
傘  1
KA

真夏をひかえた6月末のある午後のこと。

そろそろ外出する時間だけど、しばらく前から降り出していた雨が、大雨になってきた。

とにかく出かけなければならない。物置きをあけて、傘はどこだ、傘はどこだ、とくまなく探すが、不思議、一本も見当たらいのだ。
必要でない時はごろごろしているのに、これは一体どうしたことか。

たしかここに掛けてあったはずのグリーンのチエックのはどこに消えてしまったのだろうか。
あれは、ちゃんとした店で買った、そんなに安物ではないのだ。

その傘の行方を頭の中でたどっていたら、分った、もう2週間以上もまえに、印刷所のP氏が、「あ、雨だ、ちょっと傘貸してよ」
って持っていってしまったきり。
まだ、返してもらっていないという事実にたどり着いた。

仕方がない、たしか地下鉄の駅でモロッコ人から買った安物があった筈だ。
この際、どんなおんぼろでも無いよりはましってこと。
だのにそれさえ全て姿をくらました。どっかに忘れてきたのに決まっている。

 いらいらする。
雨は容赦なく降り続いているどころかますます勢いを増して行く。

「打ち合わせは4時から。ローマからクライアントも来るので今回は絶対に遅れないでね」
と、あまり時間に重要性を持たないこっちに、このたびは代理店の女性からわざわざ釘をさされている。

だから今日は、たとえ雨の中、槍の中、嵐の中でも、決められた時間に代理店に到着しなければならない。
タクシーが来てくれることなど、この大雨の中、奇跡中の奇跡である。
イタリアはタクシーが少ないのだ。イタリア・タクシー連盟の何とかの掟で、タクシーは増やさないらしい。こっちはチンプンカンプンだけど、とにかく、こういう事態のときは,タクシーは期待しないようにと言われている。だから、8585には電話しても無駄ってこと。

バス停まで歩いて行ってバスに乗り、地下鉄でG広場まで行って、そこからまた歩くのが一番手ッ取り早い。

そのためにはとにかく傘が必要なのである。

 仕方がない、この際、新たに傘を買うことにしよう。でも、この近くのどの店に傘を売っているのだろうか。家の前の大通にはいろんな店がある。ブテック、スポーツ用品店、雑貨店、さては下着専門店も・・・、だが、ウインドウは暇つぶしに、こまめに覗いているのに傘など見たことは一度もなかった。

 とにかくこの大雨。ますます激しさを増してきて、「大地を叩きつけるごとく」、なのである。
こんな雨は、季節の変わり目によくあるヤツで、長く続かないのは分っている。でも、この様子では都合良く止んでくれそうもない。

何てこと!ついには雷様までご登場。こう怒鳴っている。
「おまえが傘買えるまで降って、降って、降りまくってやるぞォ」

 それならよーしッ、覚悟は決めた、行くぞッ。もう長いこと物置きの奥に忘れられていた、流行遅れのレインコートをひっぱり出してきて頭からひっかぶり、雨の中へ飛び出した。いきなり水たまりのなかにジャボン!
しまった、ジーンズにはき変えとけばよかった。
だが、もうおそい。一張羅はぐしゃぐしゃになってしまうだろう。でも、それも又、代理店の手前、効果的かも知れない。

「ほォ、こんな雨の中をよく時間どうりに来てくれたな、ブラーボ!」

斜めに通りを横断して飛び込んだところはla SPORTello。スポーツウエアの店だが、カジュアルな洋服やザイノ、腰に巻き付ける貴重品入れなども見たことがあるから、傘だってあるかもしれない。

いきなり飛び込んできた顔見知りの客に眼をまるくしながらも、若い店員は、
「うちは、傘は置いてないんだよねぇ。」
そして、

「ほら、あそこに行ったらいい。必ずあるはずだよ。」

店員はドアを開け、通りの斜め向こう側を指して言った。
土砂降りの中に霞んで見えるのはLORD'Sという気取った看板である。ゴルフ用品 をはじめ、スポーツウエアと カジュアルを扱っているが、英国製品を主においた、この大通りではまずトップの高級品店である。
あそこでバカ高い雨傘を買わされるのも癪だが、この際、云々しておれる時ではない。
礼を言うのもそこそこに、店を飛び出して斜めに大通りを一気に走って渡った。我がアパートからちょうど、くの字型にあっちにピョン、こっちにピョンと土砂降りの中を跳び渡っている自分。ああ、情けなくい。

 客のいない、ずばり英国スタイルのしゃれた店の中で、雑誌をめくっていた女店員は、さっと立ち上り「傘ならこちらへどうぞ。」と言って、ペルシャ絨毯を敷き詰めた、ちょっと奥まった所に案内してくれた。
あるある、やっと見つけたぞ。15、6本ばかりの傘が真ちゅうの豪華な傘立ての中で、ひっそりと客の来るのを待っている。
ほとんど毎日店のまえを通っているのに、こんなところに置いてあるから、気が付かなかったんだな。

 ところがどうだろう。抜いて手に持ってみると、どの傘もケタ違いに長い。
そして、この細腕にはちと重いようだ。

「これはゴルフ場用なのです。英国製ですの。」
店員はしんみりとした口調で言った。

へェー、ゴルフ用の傘だからこんなに大きいの。しかも英国製か。高いんだろうなーァ、きっと。

「ゴルフ用でなくて、普通の雨傘でいいんですけどね。」
「普通の雨傘は置いてませんの。」
と、ちらっと外に視線を移して気の毒げに言う。
雨はまだまだ派手に降りつづいている。

「仕方ない。これにしようかな。いくら?」
眼にしみるような緑のゴルフ場でではなく、すすけた街中で使うのだから、一見地味そうなのを選んで聞いた。この方が、どんな服装でも抵抗なく使えそうだ。

「85ユーロです。」
エッ、85ユーロ? なんぼなんでも高いなァ、それは!

「ほら、こっちは全くおなじ物だけど50ユーロなの。メーカーのプレートが入ってないでしょ。」
文字色
彼女は何となく励ます口調で言い、プレートの張り付けてないのをせっせと選び出している。
なかなか積極的で感じのいい娘だ。もちろん、こっちにとっても安ければ安いほどいい。自分の生活は雨傘のために英国のブランドを云々するほどハイレベルではないし、気取りの趣味もない。
85ユーロなんてとてもとても。50でも高すぎるけど、この際、清水寺からエイッと飛び下りるつもりで買うことにしよう。

 じゃあ、これにするかと取っ手をやや上に向けてパッと広げようとしたときである。

「やめてーッ」

この綺麗な娘は頓狂な声を上げた。いつの間にか向こう向きになって、両手で顔をおっているのである。(つづく)

| 『傘』 | 17:06 │Comments0 | Trackbacks0編集

| Top |

すむらけんじ

作者: すむらけんじ
ミラノに住む広告イラストレーターです。このブログは今まで飼った猫、今飼っている猫のことを綴ったものです。
作者は左耳は生まれつき難聴にかかり、人口内耳に踏み切るまでの耳の歴史、未来のことなども連載しています。

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

すむらけんじへメールする

名前:
メール:
件名:
本文:

イラスト、写真、文の無断使用を禁止

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。