上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

sumurakenji52
sumura

猫の置物と戯れるホフィ。

すむら

ヨーグルトが大好きなホフィ。毎日食べてます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
眠り続けた左耳・・・
71年後に『人工内耳』に挑戦する!(24°Story)


今年2011年、7月の半ば頃だったと思う。

毎週一回のLogopedia(言葉の訓練)から成果がほとんど出ず、僕に少し焦りが出始めていた頃。
手術したのは昨年の11月22日。Logopedia が始まったのが1か月後のクリスマスの前だったから、あれからそろそろ7ヶ月経っていた。

だがまだ,何の兆候も現れていないのだ。生まれたときから70年間眠っていた聴神経、脳神経なのだから、揺り起こすのにメッタ時間がかかるということは理屈では分かっていたけれど。

進歩するには友人や家族の強力も欠かせないのだ。
独り暮らし、出不精の僕が友人や知人にレッスンを頼み、何とか頑張ってトレーニングを続けていたが、成果は,ゼロとはいわなくてもほんの少々ってとこ。そのほんの少々だって疑いたくなるような微々たる進歩?


そんなとき、チロという男に会ってみようと思った。

チロは今年の1月補聴器店のドクター・エミリオの店で知り合った。

48歳のチロは片耳が3年前に行なった人工内耳であり、別の耳は強度の補聴器に頼っていて、数ヶ月後にそっちの方も人工内耳手術を予定しているという、もしかしたら僕の将来を暗示させる『大先輩』なのだった。

ところがはじめてあったとき、話していても彼の喋っていることを理解するのが大困難で、エミリオ氏の助けを借りなければならないほどだった。
sumura


チロは48年前,生まれたときから両耳が強度の難聴だったという。
4歳の頃から補聴器を付け始めたそうだ。

僕にとって『補聴器』という名詞さえ多分知らなかった40年以上もまえのこと、チロという幼児はそれを付ける過酷な運命にあった。

その頃の補聴器ってどんなものだったのだろうか。

僕が付け始めた、たった13年前の補聴器の性能は悪かった。補聴器の世界の技術おくれに失望した自分。

僕の判断では補聴器の飛躍的進歩からはまだ5,6年しか経っていない。
それは5年前に購入した、最後の(今装丁している)製品から分かったことだ。

チロのことだけど、40年前、幼い子供が補聴器をつけさせられても、どれだけ貢献してくれたかは疑問だ。
だから彼は一応話せるようにはなったが、正しい言語の習得まではいかなかったのではないか、というのがエミリオの意見だ。


さて・・・・
7月に会うときも、最初は電話を入れたがチンプンカンプンでさっぱり。
それでエミリオ氏から彼のe-mail アドレスをもらって、チロに会いたい旨を送ったら、即座に返事が届いた。
率直な人柄らしく,逢えたらとても幸せだという思いが文面にあふれていて、好感が持てた。

約束の日、ブリアンツァの指定の場所で待っていたら,携帯が鳴った。
チロからで、仕事の都合で時間と場所の変更があるとのこと。柔らかな飴のように変形された言葉のトーンを理解するまでまたまたひと苦労、アポイントメントを破棄して、ミラノにこのまま戻ってしまおうかという思いをやっとこらえた。

確信のないまま,多分ここだろうと,あるガソリンスタンドで待っていたら、彼がオートバイで現れたので、ほっとした。
ヘルメットを脱いだチロの頭に真っ黒な2個の補聴器が見えた。
それで両耳とも人工内耳になったことが分かった。

真っ黒い眼と刺のような固いあごひげだが、おっとりした感じだ。
笑うと前歯左が3本もないのが気になる。
両耳の手術のため800万円も健康保険でやらせたんだから、歯くらい自前で入れたっていいだろう?って言いたくなる。

2つ目の手術は5ヶ月前だそうだが、もういくらかの効果が現れているとのこと。
うらやましい話だ。

一般に手術して4ヶ月後には何らかの効果が現れるといわれている。
もちろん、ひと、人によって聴力の違い、難聴になった時期、補聴器の効力などそれぞれの歴史によって違うので、6ヶ月の人、それ以上懸かる人などさまざまなのだそうだ。

『そのうちにだんだんと聞こえてくるようになるんだよ。風の音、小鳥のさえずり、ネコや犬の泣いている声などさ。君にはまったく聞こえないのかい?』

ちょっと得意げな歌うような調子で話すチロに,正直とても辛い気持ちになった。
(お前だって、両耳が聞こえるったって、マトモには話せないじゃあないか)


『補聴器は奇跡的な躍進をしています。今、補聴器を必要とする人たちは幸運だというべきでしょう』

そんな言葉をインターネットで読んだ記憶がある。
チロが気の毒な気もしてきた。

「8ヶ月だな。8ヶ月たったら何か出て来るかもしれない」
チロが心なしおもおもしくいった。
なぜ8ヶ月を設定したのか分からない。
8ヶ月満期ということは8月末のことだ。あと1ヶ月半しかないのだ。
切羽詰まった気持ちのためか、チロの言葉が真実みをおび、予言のようにも聞こえた。(つづく)





スポンサーサイト

| 日記風・猫ホフィと我が耳のこと | 01:12 │Comments11 | Trackbacks0編集

sumurakenji51


sumura

年末のご挨拶のためのカード。
友人に送ったりFacebookに載せたりの大忙しでしたが、肝心のブログに載せるのをきれいに忘れていました、失礼。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そして今日は・・・
ミラノ中央駅のメインホールで恒例の年末マーケットに出くわしました。

sumura


そこで、バッサーノ(北イタリアの街)産のチェラミカのネコの置物を買いました。10ユーロとしては出来はまあまあ。帰宅して床に置いたらさっそくホフィの興味をそそりシミジミと眺めたり触ったりしてました。


すむら


次回から又気を入れ直して,耳の事など書く事にしますので、読んでください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
訪問者の方のコメントと拍手お願いしますね。よろしく K


| 日記風・猫ホフィと我が耳のこと | 05:32 │Comments5 | Trackbacks0編集

sumurakenji


sumura

遅ればせながらホフィのクリスマスのご挨拶。

先代のカロータ氏が亡くなって3年目。やっと日の目を見たツリーだったけど、3日後には再び物置の中に。
・・・と言うのは,毎夜中に暴れ回ってツリーをひっ倒し、散らばった飾りタマを転がして夢中で戯れていたのです。
来年はもう少し頭脳のほうも成長してくれて、一月半ばまで飾らせてもらいたいものです。


このツリー,ちょっとごてごてしていますが,これ,主人の好みです。
今,9ヶ月。5キロ近くあります。


暴れん坊のホフィもカメラの前ではマトモにポーズしてくれました。

| 日記風・猫ホフィと我が耳のこと | 17:26 │Comments4 | Trackbacks0編集

sumurakenji(49)

sumura

手術から帰って来て、ぼけっと窓辺に座るホフィ。

kenji

先日ホフィの去勢手術をしてもらった。

一般的には生まれて8ヶ月以後ということになっているみたいだが、これも獣医さんによって多少の違いはあるみたいだ。
カロータの時は,8ヶ月後に『分かった!じゃあ明日取っちゃおうね』って感じで、すいすいといったが、ホフィの場合はピエモンテ州の別の獣医(友人の親友)で、カザーレ市では名の通っている獣医のようで,いろいろ彼のオピニオーネがあって、そう簡単には行かず、もう9ヶ月近くも経ってしまっていたから、ボクもいらいらしていたのだ。

アンドレア獣医曰く『ねこが最初のピピー(尿)を家の中で振りまいたときが、絶好のチャンス』なんだそうな。
これはれっきとした性衝動の始まりだからである。

それで、ボクも毎日犬ねこ並みに嗅覚を働かして家中くんくんやっていたけど、幼いホフィにはその兆候なし。
彼の好みのポスト、新型i MACの横で,そんなことやたれたら・・・と思うと又いらいらしてくる。

そうしたら、アンドレア獣医から突然電話があって、『明日やっちゃおう!』
なんと彼は、モンテビアンコにスキー講習の指導に事に急遽決まって、その前に全部の依頼の猫たちのあそこを切り取る大忙しになった。

「これでホフィが少しでも大人しくなってくれれば・・・」

これがボクの悲願?だ。
家の中を突風のごとく掻け回るし、朝7時過ぎになると,しつこく起こしに来て,ちくちく爪をたてるし、棚から置物を落として木っ端みじんにしてしまうホフィ。
sumura


数日前、炊飯器の中に入れた米を砂と同格と思ったらしく、前足でがりがりコメとぎよろしくやって、周りは米だらけ・・・


ともかく去勢手術は滞りなく終わってホッとした。
ミラノに連れて帰り、2日間くらいは大人しかったが,その後は以前のとおり。


手術の跡がいくらか回復するまで、『エリザベス風カラー』を付けようと思った。
だが失敗に終わる。
やっと付けたと思ったら、家の中を気が狂ったようにころげまわり,あげくのはて,スポッ!と外れてしまった。
写真を取る余裕さえなかった。
『エリザベス・カラー』は猫、犬など、手術後や足にけがをしたときなど、なめなめしないためにつける。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
訪問者の方のコメントと拍手お願いしますね。よろしく K




| 日記風・猫ホフィと我が耳のこと | 20:52 │Comments2 | Trackbacks0編集

sumurakenji(48)

sumura

ホフィは水を見ると,我を忘れて戯れる。
ヴィデに水を張ると、前足を付け根まで水にひたすことがある。
ゆらゆら動く水のシルエットが物体に見えるのか,一生懸命掻く。ちょうど砂を掻くように。
バスタブのお湯にも興味深々だ。泡を救ったり、泡から覗いてるボクの足の指先をちょいちょいと触って戯れる。
ボクが風呂を終わるまで、辛抱強くつき合う。

sumura

このごろyou tube などで、よく水と戯れたり、それどころかお風呂に入ってうっとりとしている猫の動画がたびたび紹介される。もう昔のように『猫は水を嫌う』という一般概念はだんだん希薄になって行くのではなかろうか。
飲み水だって、台所の水道からジャージャー流れ出すと,流しに飛び上がって飲むねこちゃんも2回巡り会った。

とにかく,ねこは動く物が大好きなのだ。周りで何かが動いている。
それだけで,遊び盛りの子猫に,刺激とよろこびを与える。
ホフィはまだ8ヶ月だから、まだ子供ねこだ。
ボクがコンピュータの前で座ったままなでは,彼は不満だ。でもコーヒーを湧かしに台所にいって、ごそごそやったりトイレに行ったり、本を探したりするボクの動く姿は彼を上気させシッポを立てて,家の中を走り回る。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
訪問者の方のコメントと拍手お願いしますね。よろしく K

| 日記風・猫ホフィと我が耳のこと | 06:51 │Comments1 | Trackbacks0編集

sumurakenji(47)


sumura

ある朝目が覚めたら、右耳の補聴器が行方不明だ。

布団の中,枕の下を丹念に探しても見当たらない。
こんな事は今までにもたまにあったことだから、それほど驚くにはあたらないのだが。

テレビは寝室にあるので、補聴器の上からレシーバーをかけてテレビを観る。
レシーバーを付けずにテレビを観ると、空気に触れて音がざらつき,不鮮明になるので、レシーバーはボクにとって絶対必要品なのである。

ところが見ているうちにそのまま寝てしまうのがいつものボクのだらしない癖。
レシーバーは外れて、補聴器まで耳から飛び出してしまう事もある。
(煩わしくて、無意識のうちに外してしまう事もあるようだ)

朝,目が覚めて,補聴器は何処だーっ,と探すのは日常差半になっていた。
ピジャマの襟の所に引っかかっていたり,布団の中にひっそりと潜り込んでいたりが普通だが,たまには床に落ちていたりする事もある。
そのときは踏みつぶさないようそろりそろりと探しやっと見つける。

寝室から,飛びさす事など絶対にないから、根気よく探せばいいだけのことだった。

ところが,ホフィが来てから・・・。
ある朝,又,補聴器が行方不明。ボクは何と家の中を1時間以上も探しまくって、玄関のボクの靴の中に,補聴器を見つけたのだった。
それからというもの、そんな事がたびたび起こるようになった。
玄関まで運ばなくても壁と家具の隙間に隠されている事が多い。


補聴器は耳からはずすと、ジジジっと音が鳴る。音を消すには電池の入っている蓋をあけなければならない。そのまま鳴りっぱなしにしていると、電池が切れるまで鳴り続けるってことだ。

このジジジーって音、補聴器がないボクには何も聞こえないが,正常な耳の持ち主には、結構神経を苛立たせる音らしいのだ。しかもかすかではあるが、家中にくまなく響くらしいので,よその家に宿泊していると、皆、眼を覚ますこともあった。
だから旅行中、同じ部屋で寝ている友達は、そっと起きて来て,ボクの耳から外れかかっている補聴器をはずし、電池を抜いてくれる・・・饒波港あたりまえのこと。

さて,ホフィの悪戯は頻繁に起こった。
朝、補聴器を探すエネルギーに,ボクはくたくたになった。
朝,10時にアップタメントがあっても、やむなくキャンセルもせざるをえない。辛いのは,キャンセルのため電話さえもできないのだ。


『寝る前にちゃんとはずして、引き出しにしまって,それから床につく』
そう決めたが,だらしないボクにとって規則を守るのはむずかしい。

それでも少しづつなれて行った。テレビを見ていて眠気がさして来ると,補聴器を外し枕の下に隠す・・・って方法はうまい考えだ。

それともう一つ、音を消してテレビを観る方法もだんだん出来るようになった。
下の字幕だけをたよりのドラマ鑑賞。

『悲劇的バックミュージックが流れている・・・』『ドアのバタンと言う音』『遠くでイヌだ吠えている』などなど、会話以外もちゃんと説明してくれるから、想像しながらドラマを追う。
ベッドシーンでは、『女のやるせないため息・・・』などとまで、説明してくれるのである。これ,本物のため息を聴くより、刺激的な場合もあることがわかった。(つづく)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
訪問者の方のコメントと拍手お願いしますね。よろしく K

| 日記風・猫ホフィと我が耳のこと | 20:20 │Comments0 | Trackbacks0編集

| Top |

すむらけんじ

作者: すむらけんじ
ミラノに住む広告イラストレーターです。このブログは今まで飼った猫、今飼っている猫のことを綴ったものです。
作者は左耳は生まれつき難聴にかかり、人口内耳に踏み切るまでの耳の歴史、未来のことなども連載しています。

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

すむらけんじへメールする

名前:
メール:
件名:
本文:

イラスト、写真、文の無断使用を禁止

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。