上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

けんじのイタリア猫・ショートショート/あと61話
ミラノでの生活エッセイです。
niuya2

肉屋

これもやっぱり肉屋でのこと。
以前、ミラノ北部に住んでいた頃のことだから、ずいぶん古い話だ。

住んでいた建物の下が商店街になっていて、アイスクリーム屋、パン屋、クリーニング店、バール、床屋、そして肉屋もあった。

便利なのでその肉屋にはよく行った。
店でサービスしていたのは、眉毛が右と左くっつきそうな無垢ツケキおっさん。

実は生粋のミラノっ子のチャキチャキ主人が、脳溢血で急死した後は、レジを受け持つ未亡人が、すべて仕切っていたのだが、女一人で肉屋を切りますことは大変なことのようで、オッさんが雇われた、とのことだった。

ところがこのオッさん、いつも、こっちの注文よりオーヴァーに秤にかける。
たとえば、150グラムのスライスを頼んでも、180グラムくらいになっちゃうのは普通。

それが、毎度のことなのでいたく頭にきていたボクだった。

その日も子牛のスライスを100グラム頼んだのに、何と135グラム。
オッさんはレジの奥さん(女主人)に向かって、「子牛、135グラムーゥ」。
奥さんはその値段に従ってレシートをきる。

カーッとなって、ボクは声を荒げてまくし立てた。

「あんたはいつも大目に盛り付けするので、ボクは大迷惑しているんだっ!!」ってね。

呆然と見返す肉屋。

「もう何十年も肉屋やってるんだろうから、100グラムを目分量でおおよそ100グラム切ることくらい簡単なことでしょう。オレだって一週間も訓練したら、注文通りにやってみせますよ!」
(やっぱり若かったんだよね。そんなことで、堂々と抗議するんだもん。生活も切り詰めていたしね)

オッサン、いきなり包丁持った手をさっと振り上げたのだ。
ハッ、蒼白になったボク。

・・・・でも、勘違いだった。彼は脇の下をかこうとしただけだったのだ。

オッサン、チョコチョコっとかき終わると、しょんぼりとこう言ったのである。
(永久に忘れられないこのフラーゼ)

「お客さん、わたしはしがない、ただの肉屋なんです」

ああ・・・こっちのほうが気がめいってしまう。
悪いこと言っちゃったという後悔が。

「心配しないで。100グラムだけの料金でいいわよ」
奥さんは、元気な声で言い、レシートを切った。そして、

「やっぱりこれ、ネコのため?お宅のネコちゃんとっても贅沢ね。この肉、人間だってナマで食べられのよ」

本当にそうなのだ。我が家の飼い猫パンには、食べ物でめっきり苦労した。
初めての猫だったので、こっちも分からないことだらけだった。
今のように缶詰なんて、豊富ではなかった気がする。

なけなしの金はたいて買ったこんなうまい肉だってさ、見向きもしなかったり、そのくせ、ハエを追っかけてぱくっ、ムシャムシャやったりね。
大変なんだ、ネコ飼うってこと(K)

| 猫.cats,gatti 100の足あと | 17:11 │Comments2 | Trackbacks0編集

| top|

コメント

ハハハ・・・・
150グラムのスライスが欲しいときには 「Un'etto!」と商談?を開始する私、
そのくらいで約130グラムになるので、そこで浪花のおばちゃん風に「兄ちゃん、今日は特別、もう2.3枚切ってちょうだい!」てな具合いです。
でもステキな肉屋のご夫妻ですね、あったかい。
真空パックされた家族用お買い得のお肉を買って、冷凍する時ほどむなしい瞬間はありません、現実は厳し~い。

2009.07.15(Wed) 17:48 | URL | Yoko|編集

うわ~楽しいわ~、その時の現場の雰囲気が目の前に
再現できそう~~このイタリア人商法は、相変わらず続いて
いますものね!!パンには甘くしすぎたのね?幸せな子!!

2009.07.13(Mon) 11:12 | URL | まさこ|編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumurakenji.blog112.fc2.com/tb.php/133-abda094c

すむらけんじ

作者: すむらけんじ
ミラノに住む広告イラストレーターです。このブログは今まで飼った猫、今飼っている猫のことを綴ったものです。
作者は左耳は生まれつき難聴にかかり、人口内耳に踏み切るまでの耳の歴史、未来のことなども連載しています。

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

すむらけんじへメールする

名前:
メール:
件名:
本文:

イラスト、写真、文の無断使用を禁止

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。