上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

デ・ロッシしのアパート(4)


 ところが・・・
あれほどアパート中を騒がせたKetty事件も、ある日信じられぬほど呆気なくカタがついてしまったのだった。

 一斉に夏の休暇に入りはじめた、7月の末の蒸せ返るような暑さの午後のことである。
 外出から戻って来て、車をガレージに入れた後、疲れた足取りでゆっくりと角を曲ったときのことだ。僕の住んでいる52番地の門の前には、なんと、3台のパトロールカーが停まっていたのである。
 1台は半分歩道に乗り上げるようにして停めてあって、4、5人の警察官が待機しているふうだった。
 1人の若い警官は大木に寄り掛かって吹き出す汗をぬぐっている。真夏の白昼のこの時間は、最も人出が少ないはずなのに、さすがに何ごとかとばかりに、結構ヤジ馬が集まっていた。
 門に近づくと、僕は警官の1人に呼び止められて、入るのは暫く待つようにと言われた。

「何があったんですか?」
と、野次馬の中に、同じ建物の最上階にすんでいるP氏を見つけて尋ねた。
 彼は住人会議でもっとも行儀が悪い年寄りの一人である。
「わしにもよくは分からんが・・・どうやらKettyに出入りする男の一人が麻薬密売かなにかで捕まったらしい」
 そして吐き捨てるように言った。
「いずれは、どうせこんなこったろうと思っていたよ。これでやっとKettyは即刻閉鎖ということになるだろな。」

 ついに門の外に2人の警察官に腕をとられて若い男が姿を現わした。
 僕はその男を真近くで見たい欲求にかられ前の人を押し分けて一歩進み出た。なんと、男はレストランで中南米の娘と向かいあっていた青年だったのだ。
 確かにこの若者を以前見た事がある。何処でだろう? 同じ疑問が沸き上がり、じりじりと焦りさえ感じながら、僕は神経を集中させて、記憶の糸をたどろうとしたが不可能だった。
 確かに何処かで会った気がするのにどうしても思い出せないのだ。
 警官にささえられるようにして青年が歩道に乗り上げたパトロールカーに近づいたとき・・・

「デ・ロッシをこっちの車に乗せるんだ!」
 後ろから別の警官が大声で命じるのが聞こえた。
 デ・ロッシ・・・僕はそのとき、ハッと胸を憑かれる思いがした。

 瞬間、堅く閉ざされていた記憶のドアがかすかに開かれて、自分はあの老人夫婦の暗い密室のようなアパートの中へと導かれて行ったのだった。
 奥のサロンの蒼い格子縞の壁にかかっていた、老人の母親の可憐な少女時代の色褪せた写真・・・そして数枚の写真の前で記憶はさまよっていたが、ついに1人の青年、押さない子供と一緒に公園で撮った、ごくありふれた写真の、黒い髪の毛の端正な面持ちの上に、視点が定まったのである。
 そして今、麻薬密売の現行犯として 連行されようとしている、目の前の青年の顔が重なって、ごく自然に一体となったのだった。

「たった一人の息子です。わしらの生き甲斐だった・・・20年前に事故で死んだのです。」

 若者を乗せ終わったパトカーと、他の2台がつんざくような警笛を鳴らしながら白昼の大通りを走り去って行った。

 P老人のしゃがれた声が僕の耳もとで呟いていた。
「やれやれ、孫にまで裏切られようとは・・・仕事も勉強もやる気のない、どうしようもないぐうたらだと、デ・ロッシ爺さんからさんざん聞かされてはいたが、まさか」

 今日も堅く閉ざされたドアの前を通った。
 僕はエレベーターの前でしょんぼり立っていたデ・ロッシ老人のことを思いだして、ふっと、世の無情感みたいなもの感じたのだった。 『完』

          











| 短編小説 | 23:32 │Comments0 | Trackback-│編集

| top|

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

すむらけんじ

作者: すむらけんじ
ミラノに住む広告イラストレーターです。このブログは今まで飼った猫、今飼っている猫のことを綴ったものです。
作者は左耳は生まれつき難聴にかかり、人口内耳に踏み切るまでの耳の歴史、未来のことなども連載しています。

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

すむらけんじへメールする

名前:
メール:
件名:
本文:

イラスト、写真、文の無断使用を禁止

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。