上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

迷カメラマン・ミャオけん、EUROミャオを撮りまくり
myao ken


foto1
ドゥブロヴニクの港。世界遺産に指定されている街。驚くほど多い日本人客。

クロアチアの居眠りネコ君たち

いやーあ、暑かったよ、この夏は。
涼づみがてら8月の終わりにちょいとクロワツィアに来てみた。
目的もないんだけど---出来ればアドリア海にドボーンって漬かるのが目的。
そしてクロワツィア猫くんの写真も撮らなきゃあ ネ。

愚かしい(!)戦いだった、って思うんだけど。同じ民族どうしで殺し合い。
火が収まって既に10年くらい経ったよね?
戦火の中をにげ隠れして生き残ったのは人間だけではない。
猫だって生き残って、もうそろそろあの世に召されるご老体もたくさんいるのだ。
例えば・・・1994年頃の生まれだったら、戦火の中でうまれたってことね。今15歳?
こんな平和な時代が来るなんて思いも及ばなかっただろうよね。

それにしても、この凄まじき復興。
もう、近隣同士の喧嘩はやめて欲しいよね。

え?眠くってしょうがない?わかるよそれ。
この戦争、もとはと言えば、宗教が原因なんだって。カトリック、聖公会、イスラム教、ごっちゃまぜが、独立するしないで内乱になった・・・内陸の方は知らなんだが、アドリア海に面した海岸地帯は旅行者でいっぱい。

ここで余生を過ごせるじいちゃん猫、ばあちゃん猫はしあわせ。


やあ、よく寝ますなあ、あっちでグーグーこっちでグーグー。
おひげにタッチせんばかりに近寄っても、お目覚めならないのは(又は目覚めている?猫ってこういうことになると動物の中でいちばんしたたかな種族)、いや、内乱の厳しい世代生き抜いて来た逞しさ、図太さと言うべきか。

観光客の浮かれた騒々しさなんて、子守唄みたいなもんなんだよ。
いや、恐れ入りました。逞しいですねえ。

ga1

あ!ご老体目開いて大アクビした。そしてまた目を閉じる。

「あのーォ、写真撮らせていただきますよ。」
「え?ムニャムニャ、勝手にしろ、ミャオミャオ・・・・グーグー」

ff
本当はうす眼くらい開けて欲しいんですけどね。ま、いいでしょう。撮れないよりもまし。



fr
この階段古いんだよねえ。何百年前?
またここでも寝ているご老体。
ヒゲちょっと触ったら片目だけ開けて、またグーグー。
白昼の街中での睡眠。観光客はお邪魔にならないように、そーっと通りすぎる。
さまになってるなあ。

hosoku1
この寝顔最高。これ、風呂桶かな?
その下で実に変わったポーズで寝ているおじいちゃん猫。
慣れてんだよ。どんな隙間にだって旨いこと肢体をなじませることには。

lllk
午後の裏道を歩いているのはこの猫君だけだった。
まるっこい石畳は、ミャオけんの疲れた足には負担だけどね。
すいすいと歩く三毛。丸い石畳の色が心憎いほど彼にマッチしている。

腹は減ってないよ。
ここはレストランの密集している所なんだ。

gg

df

ぐっすりのシロクロ君。
赤い首輪を見たとき、何となくホッ。
飼い猫はしあわせだよねえ。
戦後派の幸せネコちゃん。

ll
黒覆面。君、年いくつ?
多分2歳。
戦争を知らぬ世代の猫君。そんなセセッコマしいところにいないで出て来ておくれよ。
こんな顔じゃあ寝ているのか怒っているのか、全く見当もつかないよ。

bv
このご老体、夜になると眼がさえてくるらしい。
目つきは悪いが愛想がいい。
手を近づけると。頭をつきだしてくる。愛嬌がある。
tuika 1
さ、寝るか。
サマになってる。

ii
レストランは半野外だから、猫は自由に入ってこれる。

ムール貝あげるから,さあこっちにおいで。とびっきりいい写真撮ってやるよ。
ううん、ボク、ブランジーノのおこぼれ待ってるんだい。

この若い衆たち、そんな贅沢な物食ってんのかい?
人は見かけによらないねえ。(K)




| 巡り会った猫たち | 14:43 │Comments5 | Trackbacks0編集

| top|

コメント

Re: Re: 休めましたか?
> そうなんだよねえ。ネコって『ねるこ』って言われるようにねてばから。ここでは回りの人間を無視して眠りこけている。わめいたり逃げたりするネコなんかいなかった。こんなネコたちは初めてだったんだ。
> 次回はイタリアの田舎の、幸せネコちゃんのゴ登場。お楽しみに。k

2009.09.11(Fri) 20:08 | URL | k|編集

Re: 休めましたか?
そうなんだよねえ。ネコって『ねるこ』って言われるようにねてばから。ここでは回りの人間を無視して眠りこけている。わめいたり逃げたりするネコなんかいなかった。こんなネコたちは初めてだったんだ。
次回はイタリアの田舎の。幸せネコちゃんのゴ登場。お楽しみに。k

2009.09.11(Fri) 20:04 | URL | k|編集

ネコと整形美人の年を当てるのは難しい...これは自分の意見。ともかく、ネコって何歳なのかさっぱりわからないよね。クロワチアのネコ、大体老けていたように見えたのは、全然眼覚まさないからだった。戦争の疲れがまだのこっている?
住人の顔だって、お年寄りは一般に厳しい顔してる、若者はもっと開放的・・・って友達とはなしたんだけどね。当たってるかなあ?

又全部読んでくれたそうでありがとう。こんな訪問者に巡り会えたのは、ブログニャンとして最高の喜び。100に達したら、アンケートに答えてもらいます。
『どのショートに眠気がさしましたか?』
答え/眠気はささなかった。必ずぐっすりと熟睡したあとに読んだので。

2009.09.11(Fri) 19:50 | URL | k|編集

Re: タイトルなし
美術家の眼を通すと写真の色もやはり洗練されていて 楽しい。
でも 爺 バア猫でなさそうなのに 老けてるように描かれたら 気を悪くして まだ 若いのだニャン!ギャ~オン!。・・と 攻撃されそうですよ。
パンとのり輔のイラスト最高!!!!!
ここのところ壁の修復で 壁をくずしたりセメントをこねたりの生活でクッタクタ!優しい気分にしてもらえました。
人間が悲しい結末になるのは ぜんぜん心痛みませんが 動物の悲しいお話は 自分が元気な時に読みます。
イラストが ドンドン迫力を増して 色も鮮やかになり ペンは軽やかさが増したような気がします。
今朝は いろいろなところに入りながら ぜ~~んぶ もう一度読みました。最近書き上げた・・・からばかり 入ってい読んでいたので読み落としを発見。 楽しかったです。
お願い もう40で終わりなんていわないでニャ~ン! 

2009.09.11(Fri) 19:27 | URL | k|編集

休めましたか?
ミャオけんさん、お久し振りで~す。

クロアツイアのネコちゃん達、寝顔美猫ばかり~~カナ?
残念、寝てばかりの相手とは、ゆっくりお話も出来なかったわね~。

エメラルド・グリーンの眼のご老体の毛色は、グレーと茶?
が混じっている複雑な色あいかしら~~

首輪付きシロクロちゃんは、流石に毛ツヤも顔と手足も美しいこと~~!!
寝る所もちゃんと選んで、居心地よさそうなハイクラスのお猫さま風!!













2009.09.09(Wed) 16:17 | URL | mako|編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumurakenji.blog112.fc2.com/tb.php/175-0c07f681

すむらけんじ

作者: すむらけんじ
ミラノに住む広告イラストレーターです。このブログは今まで飼った猫、今飼っている猫のことを綴ったものです。
作者は左耳は生まれつき難聴にかかり、人口内耳に踏み切るまでの耳の歴史、未来のことなども連載しています。

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

すむらけんじへメールする

名前:
メール:
件名:
本文:

イラスト、写真、文の無断使用を禁止

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。