上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

イタリア猫ショートショート<あと13話>

topo



地下鉄のモツの死

R地下鉄駅に住み着く大ネズミ、モツが何歳なのか仲間は誰も知らない。

大きさは50センチはあろうか。

尻尾は縄張り争いのときに噛み切られ、そのため半分しかない。

耳も不自由だし、もう動きは鈍い。


野ネズミやドブネズミと一緒に、薄暗い悪臭漂うところで、自分は一生を終えようとしているのだと、
モツはぼんやり考えることがある。

素晴らしい、幸せなことなんて生まれて一度もなかった。

これからだってそんなことは起こらないだろう・・・



枕木の陰に隠れて、がらんとした昼下がりのホームを眺めていたときだ。

着飾った若い女がホームに立った。

その女は銀色の毛の猫を抱いていた。


ごくたまにホームで飼い主が連れる犬や猫を見たことはあった。

だが、こんなに美しい猫をモツはかって見たことはなかった。

見開かれた葵い大きな瞳は、驚きも恐怖もなく、周りを見回していた・・・



モツは恋してしまったのだった。

生まれて初めての恋・・・・

からだをレールの上まで乗り出したモツを、猫も気がついたようだった。

猫は不思議そうにモツをみている。


モツは瞬間、暗い汚い絶望的な過去をすべて忘れた。

自分の醜ささえ。

オレは天国にも昇る気持ちだよ、とつぶやいたとき、列車が突進して来た。(K)

| 猫.cats,gatti 100の足あと | 05:53 │Comments7 | Trackbacks0編集

| top|

コメント

Re: じんましんや皮膚病のとき
よしよしさん、こんにちわ。
よしよしさんって、男性女性?
女性が花の湯につかっているの想像するのいいですなあ。
男性が花の湯使っているのも、微笑ましいけど。k
今、ボク、アレルギー。アレルギーにはなにがいい?りんご湯?
リンゴ酢はとても良く効くといわれています。k

2010.02.26(Fri) 07:13 | URL | すむらけんじ|編集

じんましんや皮膚病のとき
日本に行かれる時、湯の花とか購入するのはどうでしょう。
私は日本に帰る友人に別府温泉湯の素を買ってもらい、使用しました。それに草津温泉湯の花も使っています。
いやあ懐かしい日本の温泉気分に文字通り浸れて極楽です。手術後の体調もずいぶん回復しました。

2010.02.21(Sun) 11:32 | URL | yosiyosi|編集

Re: タイトルなし
ちょっとこのところショートが悪露空になってしまいまして。
定年なのに何となくやることが多くて。
美しい猫と言われて嬉しい。これからもがんばります。

2010.02.08(Mon) 23:55 | URL | よしよし|編集

美しい猫ですね~!目つきが色っぽいわね!
さすが、けんじさんのイラストですね。
電車は音を立てて接近してきたけど、枕木の
真ん中でチンとうずくまってたのよね。
折角初めての恋をして天国行きは無いわよね~。

2010.02.02(Tue) 11:45 | URL | AKI|編集

Re: Re: タイトルなし
> 発送からイラスト仕上げまで2時間半。
> 汽車に乗り遅れないためにね。
> 実は。じんましんにかかって大変なとき。
> かかりつけのお医者さんにもらった薬はまるで効かないので、ピエモンて間で・・・というドラマチックな早朝の作品でした。

2010.01.30(Sat) 21:54 | URL | よしよし|編集

Re: タイトルなし
発送からイラスト仕上げまで2時間半。
汽車に乗り遅れないためにね。
実は。じんましんにかかって大変なとき。
かかりつけのお医者さんにもらった薬はまるで効かないので、ピエモンて間で・・・というドラマチックな早朝の作品でした。

2010.01.30(Sat) 21:49 | URL | よしよし|編集

連日寒くて、家に閉じ篭もってますね!!
その分、作品作りに精を出して、MACを
制覇している毎日みたい~~?

このタイプの猫ちゃんが、私の好みなので~す。
ダッコしたいわ~~

2010.01.29(Fri) 10:42 | URL | mako|編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumurakenji.blog112.fc2.com/tb.php/221-32ce78b8

すむらけんじ

作者: すむらけんじ
ミラノに住む広告イラストレーターです。このブログは今まで飼った猫、今飼っている猫のことを綴ったものです。
作者は左耳は生まれつき難聴にかかり、人口内耳に踏み切るまでの耳の歴史、未来のことなども連載しています。

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

すむらけんじへメールする

名前:
メール:
件名:
本文:

イラスト、写真、文の無断使用を禁止

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。