上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

イタリア猫ショートショート<あと10話>


カラス・ヴェードヴォ(2)


gatto caiiaas


なんだ、彼女の飼い猫だったのか。
それにしても行儀が悪いぞ。挨拶でもしたらどうなんだよ。
カラスをたっぷり聞かせてやってるんだから。

女が僕に気がついて微笑んだので声をかけた。

「奥さん、ご機嫌いかがですか?」
「あなた誰だったかしら?」
「あなたのお昼寝を妨害して警察に呼ばれそうになった・・・覚えていますか?」

彼女はやっと思い出したらしく、笑ってうなずいた。

(お宅のネコちゃん、カラスの大ファンなんですよ。皮肉なもんですね。カラスはネコちゃんにとって天使の声、または懐かしい母親の声でもありましょう。それに引き換え飼い主にとっては悪魔の声らしいけどネ)

彼女は[CHI](ゴシップ誌。1ユーロ)を閉じて立ち上がった。

「僕はフリーのグラフィックデザイナーです。名前はニンジン、ご覧のとおりちょっと赤毛なのでね」

彼女の名はマルタ。
(マルタとかバルバラとかジェッシカとか、なんとも男が大好きって感じの名前だ)
猫の名前はバガボなんだそうな。
バガボンド(放浪者)からきているんだろう。
マリア・カラスを求めてあっちうろうろ、こっちうろうろ?

「バガボったらとっても頭がいいの。天才的なところがあるのよ」
それは大いに認めます。
彼女は自慢げに言い、いとおしそうにネコを抱き上げた。


「グラフィック?どんなお仕事なの?」
「よかったら見にいらしてください。今日の午後などいかがです?インド直輸入の紅茶などいかが?」
「また、あのキーキー声聴かされるんじゃあないの?」
「いいえ、わがマリア・カラス女史は演奏旅行のため不在ですから」

午後4時ごろマルタがチーズケーキを持って訪れた。
「うちのバガボったらチーズケーキに目がないの。チーズケーキを作り始めたらもう私にまとわりつくので、キッチンから締め出しちゃうこともあるのよ」

「これ、全部カラスなの?」
マルタは天井以外のスペースに張り巡らされたカラスの写真に目を見張った」
「目も口も鼻も大きくて、こんな女どこがいいの?私をいじめた姑になんだか似てるわ」

彼女は最近離婚したばかりだと言う。
姑と喧嘩のときは、夫は必ず母親に付いた、のが理由とか。

僕はCDをかける。薄気味悪い前奏が始まる。そして低いカラスの声。

「これはね、オペラ{マクベス}のマクベス夫人のアリアです。残虐に満ちた彼女の呪わしい狂乱のアリアです」
「いやだわ、こんなの。カラスの声って嫌い!」
「我慢して数分きいてくださいな。そのうち面白いことが起きますから」

そして数分後・・・

「マルタさん、バルコニーを見てください、ほら・・・」

マルタは小さな叫びを上げた。
バルコニーにバガボが行儀よく座って、女主人を見ていたからである。
だが、バガボは主人のほうには行かなかった。
スピーカーの前まで直行すると、じっとカラスの声に聞き入るのであった。

「バガボったら、マルタよ。こっちにいらっしゃい。チーズケーキを一緒に食べようね」

バガボは振り返りもしなかった。アリアに魂を奪われているようだった。
「バガボはカラスが聞こえてくると、必ず上がってくるのです。カラスに魂を奪われた、たぐいまれな素晴らしいネコです」

いらいらしたようにマルタは言った。
「あなた、チーズケーキ、冷蔵庫から出して切ってちょうだい。そしたらカラスも減った暮れもないわよ」

僕はチーズケーキを切った。室内が甘い香りに包まれた。

だが、バガボは鼻をくんくんと動かしただけでケーキに近づく気配はなかった。

マルタは立ち上がって、乱暴にステレオのスイッチを切った。
そのときバガボがすくっと上半身を持ち上げ、じっと女主人を見た。
続けて聴かせてほしいと、その目は語っていた。

「ネコが音楽が分かるなんて大笑いよ。ゴキブリを退治したり、中庭のモグラを捕まえたり、そんな能力しかないのがネコよ!」
嫉妬に満ちた強い声だった。

バガボの青い目が瞬間もっと青くなったようだった。

そして牙をむき出し鋭い爪をたてて、主人に飛びかかって行った。(K)

| 猫.cats,gatti 100の足あと | 14:37 │Comments3 | Trackbacks0編集

| top|

コメント

Re: タイトルなし
カラスのなに?読めないんだけど。

うちの猫は主人がカラス狂ってこと知ってたみたい。
ボクがカラスを聴いてたら、バルコニーで撃ち止めたカラスにとどめをさして、ボクんとこに持って来たんだ。k

2010.02.26(Fri) 07:42 | URL | すむらけんじ|編集

Re: タイトルなし
> 彼は生れもってカラス贔屓のお猫様なのよね~~
> 魅かれる時は、理由はなく心にウッタエテくるのよね~
>
> カラスの声が、背景から聞こえてきま~す!!

2010.02.26(Fri) 07:27 | URL | すむらけんじ|編集

彼は生れもってカラス贔屓のお猫様なのよね~~
魅かれる時は、理由はなく心にウッタエテくるのよね~

カラスの声が、背景から聞こえてきま~す!!

2010.02.22(Mon) 19:50 | URL | mako|編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumurakenji.blog112.fc2.com/tb.php/224-4b88df3e

すむらけんじ

作者: すむらけんじ
ミラノに住む広告イラストレーターです。このブログは今まで飼った猫、今飼っている猫のことを綴ったものです。
作者は左耳は生まれつき難聴にかかり、人口内耳に踏み切るまでの耳の歴史、未来のことなども連載しています。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

すむらけんじへメールする

名前:
メール:
件名:
本文:

イラスト、写真、文の無断使用を禁止

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。