上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

vv
(2)

パオラという名前の女性からメールが入っている。

「あなたの探しているタイプが2匹います。関心があれば電話してみたら?番号は、携帯3258・・・」
さっそく電話を入れると、用心深そうな固い中年女性の声が答えた。

「どなた?」
「パオラ夫人のご紹介で実は・・・ネコを見に伺ってよろしいですか?」

こっちは顔かたちも知らない未知の人間,しかも外人だから,用心深くなるのは当然だろう。
「では今日,午後3時に伺いますネコ、早くみたいので」

*
              
下町の混雑したミラノ市の最南部。
苦労してやっと駐車をすることができ、目的の家に着いた。

ブザーを押すと、おかっぱの背の高い痩せた女性がたっている。年頃は60代?

彼女は疑わしそうに僕を見たが,怪しいたぐいではないと判断したのだろう。
「さあ、お入りになって」dd絵・すむらけんじ

籠を提げて立っている僕を見て、彼女の開口一ばんは、
「あら、今日すぐにはネコはつれて帰れないわよ」

え?どうして?
「書き込み用紙に書き込んでもらって、こっちで見当させてもらうの」

そんな、(たかがネコ一匹に?)

「それに、ネコを飼うためにふさわしいお宅かどうか知るために、前もって見せて頂くことになっているのよ」

家庭訪問まで?妙な気分になる。
(くり返すが,たかがネコ一匹のために家庭訪問とは)

とにかく,ネコちゃん見せてください。見たい!諸問題はその後で。

レジーナさん(彼女の名前)はバスルームに通してくれた。

午後の日差しでいっぱいの広いバスルームの一画に、小鳥が数匹楽に飼えそうな、四角い鳥かごが置いてあり、その中に2匹の子猫が寄り添っていた。

これぞ、ボクが望んでいた赤毛、虎猫なのだ。申し分ないネコだった。


彼女は檻から一匹、雄ネコを取り出しボクに抱かせてくれる。

子猫は泣きもせず、ボクをじっと見つめているだけ。ちょっとおびえた感じもするけど・・・蒼い瞳は大きく見開かれて,幼きもののか弱さがゆで卵のように伝わってくる。

この分だと2は月半くらいか。
かわいい、つれて帰りたい。おまえを幸せに出来るのはボクだけだよ。

「つれて帰りたいなあ」
「すぐにはダメって言ったでしょ」(つづく)

(絵と文・すむらけんじ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
訪問者の方のコメントと拍手お願いしますね。よろしくK

| 日記風・猫ホフィと我が耳のこと | 21:03 │Comments2 | Trackbacks0編集

| top|

コメント

Re: タイトルなし
> 長いBLOGのお休み期間からの帰還!!お帰りなさ~~い!!
>
> ファンとしては、暖かでユーモア溢れた”お絵描き”と文章を心待ちしてましたよ~~
>
> まちに待った新猫ちゃんのデビュー記、頑張って下さいね。

有り難う。ずっと書いていなかったので、調子が出なくてね。
これからは写真も出すつもり。k

2011.08.07(Sun) 11:05 | URL | すむらけんじ|編集

長いBLOGのお休み期間からの帰還!!お帰りなさ~~い!!

ファンとしては、暖かでユーモア溢れた”お絵描き”と文章を心待ちしてましたよ~~

まちに待った新猫ちゃんのデビュー記、頑張って下さいね。

2011.08.07(Sun) 07:27 | URL | Mako|編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumurakenji.blog112.fc2.com/tb.php/272-cc3297fc

すむらけんじ

作者: すむらけんじ
ミラノに住む広告イラストレーターです。このブログは今まで飼った猫、今飼っている猫のことを綴ったものです。
作者は左耳は生まれつき難聴にかかり、人口内耳に踏み切るまでの耳の歴史、未来のことなども連載しています。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

すむらけんじへメールする

名前:
メール:
件名:
本文:

イラスト、写真、文の無断使用を禁止

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。