上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

ho
(8)

すむらけんじ

Hofy が我が家に来て,ちょうど1週間経った。

早く予防注射をしなければならないし、どの獣医に頼もうかと迷ったが、結局派ここから130キロもあるピエモンテ州の獣医のところに,つれて行くことにした。

そんな遠くに行かなくても,ミラノの我が家から一分も懸からないところに獣医はあるのである。

ピエモンテ州のカザーレ市には長年おつきあいしている知人宅があって、彼らは早くHofyを見たいと言っているので、そのこともあって・・・

それで3泊くらいの予定で行くことにした。

知人の家にはビンバという3歳の雌猫がある。

Hofy を可愛がってくれるだろうか。
それに期待している。

チワワ(犬)もいる。7歳。
猫と犬との友情はあまり期待出来ないが、チワワさん,僕にはなついている。

籠の中に無理にHofyを押し込もうとする。
子猫は暴れ回ってなかなか簡単には入ってくれない。籠に押し込むための苦労は,今までさんざん他の猫で経験して来たので、将来のことを考えると気がめいってしまう。

とにかく入って頂いて、さて出発。

凄い荷物なのだ。まず,ウンチ、ピピーの砂箱(すでに自分の匂いのあるものが理想的なのである)、砂、餌、そうそう,検便用のウンチ、これだって大変なのだ。箸でつまんで・・・戦後、検便用にマッチ箱に入れて登校していた頃をふと思い出す。

そして猫用おもちゃ、手みやげ、自分の着替え,カメラなどなど,二回に分けて車に積み込んだ。

猫の写真
(つづく)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
訪問者の方のコメントと拍手お願いしますね。よろしくK

| 日記風・猫ホフィと我が耳のこと | 00:46 │Comments0 | Trackbacks0編集

| top|

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumurakenji.blog112.fc2.com/tb.php/284-990b13b0

すむらけんじ

作者: すむらけんじ
ミラノに住む広告イラストレーターです。このブログは今まで飼った猫、今飼っている猫のことを綴ったものです。
作者は左耳は生まれつき難聴にかかり、人口内耳に踏み切るまでの耳の歴史、未来のことなども連載しています。

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

すむらけんじへメールする

名前:
メール:
件名:
本文:

イラスト、写真、文の無断使用を禁止

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。