上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

sumurakenji
(20)

眠り続けた左耳・・・・・・・・・
71年後に『人口内耳』に挑戦!3°story)

・・・と言う訳で、右耳だけのボクの人生が始まった。
日常生活は全く両耳聴こえる人と同じだから、先生だってそのこと知らなかったかもしれない。

クラシックに情熱を燃やしたボクは、右耳だけの不憫さなど感じた事はなかった。

左耳難聴100%、もう一方は10-30db(ほとんど普通に聴こえる状態)の場合は、人工内耳の手術範囲には入らないと何かで読んだ。つまり国民健康保険もきかないってわけなのだろう。

人間、片耳さえ健康であれば一応充分ってこと。
パイロットや、アナウンサーになりたいならともかく。

さて、健康な右耳はフルフルフルに活躍し、ボクの音楽への情熱に役立ってくれたのだった。

高校の頃、ラフマニノフの華麗なる『ロンド』で始まるNHKの「朝の名曲」の15分は、ボクの一日のエネルギー源になった。だが、終わる2分前に家を出なきゃあ朝礼に間に合わない。後ろ髪引かれる思いで、自転車に飛び乗り、田んぼのあぜ道を学校に向かってぶっ飛ばした。

「朝の名曲」こそ、ボクのクラシックへのあこがれをよりいっそうとかき立てたと言っていいだろう。
シンフォニー、コンチェルト、オペラ、歌曲、グレゴリアンその他、すべての音楽。
たった15分足らずだが、毎日聞けば山となる。
sumurakenji

その中でも最もボクに強いイメージを与えたのは、ナポリ民謡だった。太陽の国。咲き乱れるオレンジの花。白い壁と目にしみる紺碧の空。

イタリアってどんな国だろう?

高校の時からボクが描いていたイタリアのイメージ。一度は行ってみたいイタリア・・・

イタリア、ギリシャをグループで回って来たという人が言うのには・・・

「何しろすごいんだよねえ。飲んだコカコーラがそのまま汗になって出て来るって感じさ。日差しが強く目を開けておれない。空は紺碧、日本ではあんな空はなかなか見れないよね」

毎週土曜の午後は学校から家へ直行した。
『メトロポリタン・オペラアワー』というのがあって、シュトラウスの『コウモリ』の序曲が景気良よく始まると胸がおどった。その番組で、初めてマリア・カラスの名前を知った。
ボクが15歳の頃だから、1950年代、カラスの全盛期ということになる。

学校の成績は良くなかった。

授業中、先生の顔をまともに見ているから、先生はボクが熱心に講義を聞いていると思っていたらしい。
ところが、そうではないことを教師は暴露して母親に言った。

「お宅の息子さんは、聴いているようなフリしてるだけで、実はほとんど聞いていないんですよ。一体何考えてるんですかねェ」

そうなんだ。授業中、数学や物理とは全く関係のないことに、脳みそがふわりふわりと宙をさまよっていたのだ。


勉強が嫌い、体操が嫌い、いつも腹が減っている・・・暑いと目眩いがし、寒いと目眩いがして、時々衛生室に運ばれた。

人の話に神経を集中することが、苦痛となったのは大学に入ってからだ。
大勢と雑談してるとき,しかもビヤガーデンなどの人いっぱいのところで。

目つきが悪いとも言われた。
「あなたは私と話すとき、こっちの眼を見すぎよ。だから薄気味悪くなっちゃう。相手の首の下あたりを見るようにしなさい」
大学の女先輩から指摘されたこともある。
すべて,片耳だけの活動のため、聴力の量が足りなかった故であることは後(のち)に分かって来た。
(つづく)
えと文・すむらけんじ



すむらけんじ
自己流イタリアンは、コックさんの出張のため、今回はお休みです。

| 日記風・猫ホフィと我が耳のこと | 21:07 │Comments0 | Trackbacks0編集

| top|

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumurakenji.blog112.fc2.com/tb.php/298-ffce0886

すむらけんじ

作者: すむらけんじ
ミラノに住む広告イラストレーターです。このブログは今まで飼った猫、今飼っている猫のことを綴ったものです。
作者は左耳は生まれつき難聴にかかり、人口内耳に踏み切るまでの耳の歴史、未来のことなども連載しています。

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

すむらけんじへメールする

名前:
メール:
件名:
本文:

イラスト、写真、文の無断使用を禁止

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。