上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

sumurakenji(22) 

sumurakenjib

今日のホフィ・・・ねむーい、でも、しあわせ。



眠り続けた左耳・・・・・・・・・
71年後に『人口内耳』に挑戦!(4°story)


1998年のこと・・・・

午後、久しぶりに仕事机の横の小型テレビをつける。
若い可愛い女性が愛嬌を振りまいてしゃべっている。
どうやら子供番組らしく、たくさんの子供たちが、彼女を取り巻いているにぎやかでカラフルな番組だ。

おや?耳のせいかな?
おねえさん役の彼女がちょっと奇妙な声をしているのが気になった。

というより、汚い声なのだ。ざらついたような品のない声。
RAI(イタリア国営放送)ともあろうものが、こんな汚ったねえ声のタレントを使っていることに、ちょっと腹が立つ。顔だけでなく声もきれいな娘を使って欲しいよね。
sumurakenji

夜8時のニュースを見る。おなじみの女性解説者がしゃべっている。さすが、ゴールデンアワーのテレ解説者、低めの声だが、はっきりときれいに聴こえるので好感がもてる。

昼の汚い声のお姉さんの声のことは忘れてしまっていた。

                    

コモ湖の友人が昼食に招待してくれたので、車で行った。

北イタリア、ミラノーコモ湖間のブリアンツァ地方は、世界的家具の名産で知られるお金持ちがいっぱい住んでいるところだ。高速を使わないで、穏やかにつづく国道を走る。カーステレオを聴きながらの緑に包まれた道をドライブ気分で走るのは最高だ。

カーラジオをつけると、いきなり『Tosca』が鳴り出した。
カラスが「Vissi D'arte vissi d'amore」を歌っている。何度聴いてもカラスは最高だ。

車の中にたくさんカセットテープを用意しているのに、無精なボクはテープを変えるのが面倒くさくて、聴くのはいつも同じ物なのである。もう何回くり返し聴かされているかわからない。

でも、いいんだ、それで。

退屈どころか・・・ボクはマリア・カラスの熱狂的大ファンなんだから。
聴いても聴いても絶対飽きないとはこのこと。長いアリアだが、メロディーは完璧に覚えてしまっている。


おや?

テープがちょっとおかしい。
ときどきかすかにだが、プツンプツンと音が切れるような感じなのだ。

気のせいだろうか?

カラスのヒステリックな超高音(これが又ボクにはたまらないんだけれどね)が、ざらついているような。
聴きすぎてセープがすり切れてしまったのだろうか、と思う。

でも変だ。こんな事でテープがすり減るのだろうか。



夕方、ミラノに戻るときは、やはり食事に呼ばれていたM氏を、途中まで送る事になった。

ボクは別のテープを流してみる。何となく変だ。心持ちプツンプツン。いや、そうでもない?やっぱりおかしい?

「ねえ、このテープ変だと思いませんか?音が何となく。ざらつくような、切れるような」

M氏は、聞き耳を立てていたが、
「さあ、私はあまりオペラは解らないのでね。まあ、私にしてみれば、申し分のない音だけどね」
ボクは思わず苦笑してしまった。

たぶんカーラジオが悪くなったのだろうと自分に言い聞かせた。
新しいのに買い替えようっと。
そしてもう、その事は忘れてしまう。


それから10日も経った頃だろうか。
運命の日が訪れたのは。(つづく)
すむらけんじ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
訪問者の方のコメントと拍手お願いしますね。よろしくK

| 小説とエッセイ | 11:47 │Comments0 | Trackbacks0編集

| top|

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumurakenji.blog112.fc2.com/tb.php/300-8677c745

すむらけんじ

作者: すむらけんじ
ミラノに住む広告イラストレーターです。このブログは今まで飼った猫、今飼っている猫のことを綴ったものです。
作者は左耳は生まれつき難聴にかかり、人口内耳に踏み切るまでの耳の歴史、未来のことなども連載しています。

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

すむらけんじへメールする

名前:
メール:
件名:
本文:

イラスト、写真、文の無断使用を禁止

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。