上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

ho
(29)

昨日スペインから戻って来て、そのまま車を飛ばしてホフィを引き取りに行った。
ミラノから120キロのピエモンテの田舎だ。

ホフィを一週間見なかったけど,その成長に驚いてしまった。顔立ちだってもう子猫の愛らさも薄らいできているって感じ。

スペインから2度電話を入れたとき、「ホフィが、何やら丸っこい物を転がして遊んでいるので何かと思ったら、それは自分のウンチだったのよ」
奥さんに聞かされたときは,唖然としてしまったものだ。

奥さんは笑って「かちかちになって石ころみたいになっているの」

閉じ込められたサロンの中でのウンチ転がしに夢中になっていたということ。

sumurakenji
僕の留守中、奥さんは朝夕、ホフィを散歩に連れ出してくれた。



ウンチはを砂の中に埋める習性が猫にはある。
もともとは敵に存在を見破られないための,匂い消しのための習性だそうだが、砂に埋まっている間に水分は吸い取られてウンチはカチカチになる。
現在市販されている砂は数年前の物よりずっと改良されていて、その吸水力はすごい。

こいつ、汚物愛好ネコだったらどうしよう、将来思いやられると深刻な気分になった。

「何でも構わないから、ころがる物を与えてください。ホフィはミラノの我が家では、1日中手当たり次第に転がして遊んでますので」
それにしても、おもちゃを沢山与えておくべきだった,と後悔した。スペイン出発で大切なことを忘れていたってことだ。

sumurakenji


翌日ミラノに戻る高速で,免許書を持っていないことを思い出した。
スペインに出発する前に、自宅に置いて行ったそのままだったのだ。

しかもこの2週間は目眩がひどい。
もう収まったようだったが,運転中に起こったらどうしようかと心配だったので,注意深くハンドルをにぎった。

猫は籠のなかで泣き続けるし、万がいちポリスに止められたらどうしようという不安、目眩が起こったら困るなあという不安での1時間半の超ストレス・ドライブだった。

でも何事も起こらずに我が家に帰れた。ヤレヤレって感じ。

目眩は収まったようだが,ちょっと辛い思いだ。
目眩は聴力(右耳)が退化するときに起こることを経験から知っている。これで又いくらか退化したのである。自分でそれがよくわかる。

人の声が鼻にかかったような高い声になり、聞きづらくなる。今日、親友に電話したら,いつもの声とはいくらか変わっていた。

ついでの話だけど,免許書を持参してないのが発覚した場合・・・
罰金は40ユーロ弱とか。24時間以内に警察に届ければそれでおしまいだそうだ。
だから、あまり神経質にならないでいいってこと…と教えられた。
『眠り続けた左耳・・・71年目に人工内耳に挑戦する』は今日はお休みです。

| 日記風・猫ホフィと我が耳のこと | 08:35 │Comments0 | Trackbacks0編集

| top|

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumurakenji.blog112.fc2.com/tb.php/310-b10985fd

すむらけんじ

作者: すむらけんじ
ミラノに住む広告イラストレーターです。このブログは今まで飼った猫、今飼っている猫のことを綴ったものです。
作者は左耳は生まれつき難聴にかかり、人口内耳に踏み切るまでの耳の歴史、未来のことなども連載しています。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

すむらけんじへメールする

名前:
メール:
件名:
本文:

イラスト、写真、文の無断使用を禁止

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。