上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

sumurakenji(49)

sumura

手術から帰って来て、ぼけっと窓辺に座るホフィ。

kenji

先日ホフィの去勢手術をしてもらった。

一般的には生まれて8ヶ月以後ということになっているみたいだが、これも獣医さんによって多少の違いはあるみたいだ。
カロータの時は,8ヶ月後に『分かった!じゃあ明日取っちゃおうね』って感じで、すいすいといったが、ホフィの場合はピエモンテ州の別の獣医(友人の親友)で、カザーレ市では名の通っている獣医のようで,いろいろ彼のオピニオーネがあって、そう簡単には行かず、もう9ヶ月近くも経ってしまっていたから、ボクもいらいらしていたのだ。

アンドレア獣医曰く『ねこが最初のピピー(尿)を家の中で振りまいたときが、絶好のチャンス』なんだそうな。
これはれっきとした性衝動の始まりだからである。

それで、ボクも毎日犬ねこ並みに嗅覚を働かして家中くんくんやっていたけど、幼いホフィにはその兆候なし。
彼の好みのポスト、新型i MACの横で,そんなことやたれたら・・・と思うと又いらいらしてくる。

そうしたら、アンドレア獣医から突然電話があって、『明日やっちゃおう!』
なんと彼は、モンテビアンコにスキー講習の指導に事に急遽決まって、その前に全部の依頼の猫たちのあそこを切り取る大忙しになった。

「これでホフィが少しでも大人しくなってくれれば・・・」

これがボクの悲願?だ。
家の中を突風のごとく掻け回るし、朝7時過ぎになると,しつこく起こしに来て,ちくちく爪をたてるし、棚から置物を落として木っ端みじんにしてしまうホフィ。
sumura


数日前、炊飯器の中に入れた米を砂と同格と思ったらしく、前足でがりがりコメとぎよろしくやって、周りは米だらけ・・・


ともかく去勢手術は滞りなく終わってホッとした。
ミラノに連れて帰り、2日間くらいは大人しかったが,その後は以前のとおり。


手術の跡がいくらか回復するまで、『エリザベス風カラー』を付けようと思った。
だが失敗に終わる。
やっと付けたと思ったら、家の中を気が狂ったようにころげまわり,あげくのはて,スポッ!と外れてしまった。
写真を取る余裕さえなかった。
『エリザベス・カラー』は猫、犬など、手術後や足にけがをしたときなど、なめなめしないためにつける。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
訪問者の方のコメントと拍手お願いしますね。よろしく K




| 日記風・猫ホフィと我が耳のこと | 20:52 │Comments2 | Trackbacks0編集

| top|

コメント

Re: タイトルなし
そうなんですよ。
長年知っている獣医さん(優秀な!)に『友情の代金(Prezzo di'amico) 』で、90ユーロでしてくださいました。普通料金は130ユーロなのだそうです。お陰でますます悪戯小僧になりました。色付きの文字

2011.12.29(Thu) 10:25 | URL | すむらけんじ|編集

お~お!HOFY君手術したんですね
これで少しは大人しくなるかな?
でも、やんちゃ猫は可愛いですよね!

2011.12.29(Thu) 06:55 | URL | AKI|編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumurakenji.blog112.fc2.com/tb.php/331-427c890e

すむらけんじ

作者: すむらけんじ
ミラノに住む広告イラストレーターです。このブログは今まで飼った猫、今飼っている猫のことを綴ったものです。
作者は左耳は生まれつき難聴にかかり、人口内耳に踏み切るまでの耳の歴史、未来のことなども連載しています。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

すむらけんじへメールする

名前:
メール:
件名:
本文:

イラスト、写真、文の無断使用を禁止

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。