上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

sumurakenji54
sumura
ちょっとドスのある顔つきのホフィ。
だんだん大人びた顔になってくる。


''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''
眠り続けた左耳・・・
71年後に『人工内耳』に挑戦する!(26°Story)

壁塗りのおじさんが朝,7時かっきりに訪れたのに、僕の補聴器が外れていて,ぐーぐー夢の中、2時間も遅れて眼をさましたのだった。
その間,おじさんの方は別の家に仕事に行ったらしいが、アシスタントの若造は我が家の門の外に立って、5分おきにブザーを鳴らしていたとか。
すっかり恐縮して、オヤジに平謝りにお詫びを言ったが、オヤジさん、にこにこして、『たまにこういうことってあるんだよね』

こんなとき本当に両耳聞こえないことの不憫さを感ぜずにはおれない。

このごろは朝のアポイントメントが苦痛でしょうがない。
緊張しているのか,4時頃目が覚めてその後寝られないことが多い。

sumura

火事にでもなったら、丸焦げ寸前まで眼を覚まさないかもしれない。
僕が住んでいるロメッリーナ通りで,ガス漏れでレンガ造りの建物が木っ端みじんになった事件があった。
そのニュースをシチリアのシラクーサのホテルの朝のテレニュースで知った。 
助かった人もいるし死んだ人もいた。

僕のようにグーグー寝ていたんでは,犠牲者として『やっ!日本人の犠牲者!』と新聞に名前を連ねるはめになるだろう。

可愛がっている猫が、起こしてくれるわけでもあるまい。
ご主人様を残してさっと逃げてしまうだろう。

犬だったら、ワンワン吠えて僕を揺さぶってくれるかもしれない。
猫ではなく犬を飼うべきだったのだろうか。


2年前、お隣のイタリア人の娘さんが、僕のすっごい絶叫に目が覚めて、ブザーを鳴らし続けても反応がないので、消防斑を呼んだことがあった。朝の3時頃だったと思う。

インクボから覚めた僕は『きっと、大声を出したに違いない』と判断して、床に転がっている補聴器を付けたら、ぶーぶーとブザーが鳴っているのを聴いた。お隣のガウンを羽織った娘さんだった。
『消防夫をよんだのよ、あたし。もう心配で心配で』

なんてやさしい娘だろうと感謝しきれないほどだった。
近隣のことなど無関心もいいところの現代なのだ。

あのとき眼を覚まさなかったら、消防士たちは長ーいクレーンに乗っかって4階のバルコニーまで上がって来て、窓を叩き割って侵入して来たかもしれないのだ。

何とかいい方法を見つけなければ!(つづく)



| 日記風・猫ホフィと我が耳のこと | 19:38 │Comments6 | Trackbacks0編集

| top|

コメント

Re: タイトルなし
吉川さん。久しぶりですね。父上の人工鼓膜のこと、そう言うことも出来るのかと驚いています。うまく行くといいですね。扇風機案は目が覚める前に風邪をひきそう。何しろ今の季節、日中でも零下10度の日があるので...(笑)

2012.02.06(Mon) 00:01 | URL | すむらけんじ|編集

Re: タイトルなし
吉川さん。久しぶりですね。コメントありがとう。こちら日中零下10度以下の日があったり、風邪を引いたりして,ちょっと堪えましたがもう大丈夫。こんなとき扇風機方法にしたら、目が覚める前に風邪をひいてしまいそう。でも、扇風機案は一考する価値ありそうです。父上の人工鼓膜のこと、うまく行くといいですね。手術は簡単だと聞いているけど。僕も一ヶ月前に右(補聴器を付けている方)の奥がねちゃねちゃしている感じなので見てもらったら、鼓膜に傷がついていたそうです。治療して2週間後にはなおりましたが・・・耳のこととなると神経質になってしまいます。

2012.02.05(Sun) 23:52 | URL | すむらけんじ|編集

Re: タイトルなし
らんでぃさん。
お互いに火事は怖いですね。泥棒だったら別に盗られるものがないので、まだましかな?(笑い)
ランでぃさんのプロフィールあらためて読ませて頂きました。苦労されたのですね。ギターは一心同体の友として、生き甲斐を与えてくれることは、すばらしいことです。之からもますます磨きをかけてください。けんじ

2012.01.31(Tue) 11:01 | URL | すむらけんじ|編集

フェイスブックから来ました。
難聴のウチの父は先日鼓膜をつけました。
でも取れてしまったのでまた付け直しのようです。

訪問ブザーを押すと、ブザーと一緒にランプがピカピカ光るのは一般的ですよね。
でも寝てるときは起きられないし、回転灯を部屋に置くのもちょっと・・ですよね。

ならば訪問ブザーを押すと扇風機が回るとかはどうでしょうね。
難しい仕組みでもないし、デザイン的にもおかしくいかと。


2012.01.29(Sun) 08:07 | URL | 吉川裕子|編集

フェイスブックから来ました。
難聴のウチの父は先日鼓膜をつけました。
でも取れてしまったのでまた付け直しのようです。

訪問ブザーを押すと、ブザーと一緒にランプがピカピカ光るのは一般的ですよね。
でも寝てるときは起きられないし、回転灯を部屋に置くのもちょっと・・ですよね。

ならば訪問ブザーを押すと扇風機が回るとかはどうでしょうね。
難しい仕組みでもないし、デザイン的にもおかしくいかと。



2012.01.29(Sun) 07:51 | URL | 吉川裕子|編集

こんにちは!!
私も耳が悪いせいからかな?
ところかまわず寝てしまう癖があります。
郵便配達に気づかないので、
今日も遠い街の郵便局に配達物を引き取りに行ってきました。
不便だといえば不便ですけど、
火事とか怖いですね。
確かに…。  らんでぃ

2012.01.25(Wed) 16:50 | URL | らんでぃ|編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumurakenji.blog112.fc2.com/tb.php/338-35f7bd7c

すむらけんじ

作者: すむらけんじ
ミラノに住む広告イラストレーターです。このブログは今まで飼った猫、今飼っている猫のことを綴ったものです。
作者は左耳は生まれつき難聴にかかり、人口内耳に踏み切るまでの耳の歴史、未来のことなども連載しています。

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

すむらけんじへメールする

名前:
メール:
件名:
本文:

イラスト、写真、文の無断使用を禁止

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。