上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

sumurakenji68
sumurakenji
我が家には3つバルコニーがある。サロンと寝室のバルコニーはホフィに解放しているけど、台所のバルコニーだけはすだれをしめきっている。手すりがつるつるの大理石で出来ているため滑ってしまう恐れがあるためだ。以前,先代のカロータが、雨上がりの夜明けに餌探しに飛んで来たホシムクドリを捕らえようとして、するっ!一階のテラスに落っこちて大騒ぎしたことがあったからだ。(我が家は日本風で言えば4階)
だから、ホフィには絶対登らせない為にいつも閉め切ったまま。でも見たいんだよね。下界はどうなってんだか。気持ちはわかるけどね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
kkk 

クラーク会館を出て,コーヒーを飲み、構内をぶらぶらする。
有名なポプラ並木は雪にどっぷりと埋もれた歩道に,枯れ木のまま空を突く感じにそびえている。
入り口は柵がしかれ立ち入り禁止。
新緑に輝く季節になってもそうなんだろうか?

化粧タイルを張り巡らしたロシア風建物に前に。
『北海道大学総合博物館』
ちょうど学生の研究祭の期間らしいので入ってみる。
sumurakenji 
1階では、クラーク博士をはじめ開拓や北大設立に携わった人々のことがたっぷりと見れる。アメリカから送られた教育者も多かったため、英語教育は抜群きびしかったそうだ。

ノーベル賞に輝く鈴木章博士の研究室なども見学出来て楽しい。
鈴木博士は以前から『特許』には大反対だったそうだ。輝かしい研究成果は自由に使わせてこそ、科学の進歩に貢献する,というのが彼の主義なのだ。本当にりっぱだ。
すむらけんじ


2階は、学生たちのグループ研究の出展などが見られたが,何しろお門違いの自分、今思い出そうとしても,何にも阿も浮かばない。
『火星から眺める宇宙』という3Dの映画を見る。もちろん学生たちの作品、
とても奇麗だ。へー・・・そうーなの・・・、とため息ばかりだが、20人足らずの訪問者の中に混じって座っていたら,すっごい眠気が襲って来た。椅子からひっくり返りそうになる。
それに解説する学生の喋っていることがぼそぼそさっぱり聞こえない。
それでも見る価値は充分あったとおもった。
売店でイタリアへのお土産に,Tシャツとバールペンを買った。(つづく)


| 日記風・猫ホフィと我が耳のこと | 18:14 │Comments0 | Trackbacks0編集

| top|

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumurakenji.blog112.fc2.com/tb.php/356-794dd6e4

すむらけんじ

作者: すむらけんじ
ミラノに住む広告イラストレーターです。このブログは今まで飼った猫、今飼っている猫のことを綴ったものです。
作者は左耳は生まれつき難聴にかかり、人口内耳に踏み切るまでの耳の歴史、未来のことなども連載しています。

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

すむらけんじへメールする

名前:
メール:
件名:
本文:

イラスト、写真、文の無断使用を禁止

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。