上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

北欧風ニシンのアンティパースト
何年も前に、北欧に住んでいたというイタリア人に習ったアンティパーストです。
er

諸材料はーーー
玉ねぎの薄切り、レモンの皮の薄切り、月桂樹、粒胡椒、チョウシ(イタリアではカーネーションの芯と呼ばれている。
どれが欠けても困る絶対に必要な素材です。

そして、ニシンのくんせい。塩味の真空パックのものは、身が締まっていてよい。

容器の底に諸素材を散らすように敷き詰め、その上にニシンを敷き詰め、段々重ねでそれをくり返す。
砂糖水(甘さは人によりますが、ボクはほんの少々甘味が感じる程度に押さえています)を用意し、よく冷してから、すっかりおおわれまで浸して終わり。冷蔵庫に半日くらい寝かせること。

今晩のためだったら、午後一番には作業は終っていて欲しいですね。

ニシンの持つ塩っけと諸素材がミックスして、円やかな風味になります。
やっぱりこれも、大人のアンティパースト。

市販の瓶づめとは、天と地の差です。(自画自賛?!)

え?もっと美味しい食べ方をしっている?ぜひ教えてほしいものです。(K)


| けんじの自己流イタリアングルメ | 17:45 │Comments0 | Trackbacks0編集

| top|

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumurakenji.blog112.fc2.com/tb.php/57-a1615548

すむらけんじ

作者: すむらけんじ
ミラノに住む広告イラストレーターです。このブログは今まで飼った猫、今飼っている猫のことを綴ったものです。
作者は左耳は生まれつき難聴にかかり、人口内耳に踏み切るまでの耳の歴史、未来のことなども連載しています。

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

すむらけんじへメールする

名前:
メール:
件名:
本文:

イラスト、写真、文の無断使用を禁止

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。