上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

アラベッラの夜
nn

底冷えがする小雨模様のパリを訪れたのは、1980年初めの5月、フリーの仕事も慣れてきた頃だ。

ワゴンレットで夜を明かし、北駅に着いたのは、やっと市街が活気を帯びてきた早朝であつた。
タクシーに乗り込む。そして灰色のコンコルド広場をいっぱいに見下ろせる小さなホテルにチェックインをする。
そして、またタクシーでオペラ座の切符売り場へ直行。
予想していた以上に多くの人が並んでいる。スカラ座で切符購入の苦労は経験済みだから、これくらいのことでは驚かないが、この底冷えで多分2時間も並ばなければならないだろうと思うと気が重くなる。ミラノは雲ひとつない汗ばむような初夏だったのに。
 ボクのパリ滞在は6日間だけだが、残念ながら、先き1週間分のプログラムはほとんど売りさばかれてしまっているようだ。

でも、R・シュトラウスの『アラベッラ』という、初めて名前を聞くオペラは買えるかもしれない。
『アラベッラ』とは、一体どんなオペラなのだろうか。全く見当もつかないが、とは言え、シュトラウスのオペラは、ボクにとってそれまで全く無縁であったわけではない。
ウイーンでの『薔薇の騎士』、そして忘れられない『サロメ』・・・ミュンヘン・オペラがスカラ座で引っ越し公演でやった『サロメ』はボクをすっかり魅了してしまった。

燃えるような満月に照らし出された宮殿で繰り広げられる1幕物のドラマ。その間、きっちりと100分。地の底から響いて来る予言者ヨハネのバス、7枚のベールの舞いの後のラストなど、忘れられないシーンがいっぱいだ。
だから、『アラベッラ』だって遠来の客に期待外れをさせないほど素晴らしいオペラではないと、どうして断言できよう。どうか、ミラノから夜行でかけつけた、熱心なオペラファンために1枚でも残っていて欲しいと祈る気持ちだ。しかも初めてのパリオペラ座なのだから。

さて、2時間半も待たされて順番が回って来た。
予期していたことだが、翌日の『アラベッラ』だけが残っていた。実はその夜は『ガラ・オペラ』なのであった。
『ガラ・オペラ』とは、慈善公演のようなものだそうで、出し物は同じなのに値段は倍くらいにもなる。その代わり一流の歌手が歌うのは通例になっていると『通』から聞いてはいた。

窓口の眼鏡の女性が微笑む。
『どうするの? 買うの? 買わないの?』
とその目は問うている。決断しかねているボクをじっと見つめているので、『それにしても高いなあ』とため息をつきつつ決心して一枚買った。タイトルさえ知らなかったオペラだが、買ってしまうと、やったぞっ!って気分だ。

翌日、ブティックでグリーンと黒のストライプのパピリオンを買った。
黒いベッルートの上着は用意して来たが、『ガラの夕べ』へ出向くためには、ノーネクタイではみっともないし、フランス人は気取り屋だから、入場を拒否されるかもしれないなどと、昨日スカラ座博物館のアルドに電話を入れたとき、脅かされたためだ。

グレーの一張羅の変えズボンも持って来ていたから、一応はまとまりそうだが、靴が何とも。
登山靴のようながっしりとした(ぼてっとした)バックスキンでは、ビロードの上着とパピリオンが泣いてしまうが、なけなしの金をはたいて靴まで買うというのは、なんぼなんでも行き過ぎではなかろうか、要はオペラ鑑賞なんだよ、と自分に言い聞かせる。

いよいよ当夜、やはり小雨が降る冷え込む夜だったが、胸弾ませてオペラ座に出向いた。
着飾った人々で混雑する中、マスケラ(案内係)は、ボクの懸念の足元などには眼もくれずに、にこやかに席に案内してくれる。

パルコだから、一応一流ポスト。
まだ他に客はおらず、手すりに頬をついて、きらびやかな人々を見下ろしながら一人座っていると、開演間際、ホールの証明が暗くなりはじめた頃、一人のご婦人がマスケラに導かれて、がさがさと衣擦れの音をさせながら、ボクの斜め後ろに座った。

『アラベッラ』はリヒアルト・シュトラウスの三幕物の、ちょっと長ったらしいオペラである。

婚期を逃そうとしているウイーンの斜陽貴族の娘アラベッラは絶世の美女で、彼女を獲得しようと名門や富豪達の出入りが後を立たない。
アラベッラの両親も娘の良縁を切っ掛けに、再び上流社会で脚光を浴びたいとの魂胆だが、当のアラベッラはどうも煮え切らない。
実は彼女にはマレンコという、田舎貴族の片思いの人がいたのである・・・

昨日ホテルから電話して、スカラ座の友人から聞いたさわりだけを頼りに観た『アラベッラ』の第一幕、ドイツ語はちんぷんかんぷんだ。
いろいろな人物が出たり入ったり、切れ目のない音楽で延々と続くのだから、普段だったら絶対一眠りしてしまうのに、さすが気が張っているのか、支払った高額のためにモトを取らなきゃあという悲壮感からか、充分もちこされそうである。
arabella

舞台もコスチュームも絢爛豪華、そして、ボクのお気に入りのパリ音楽学院のオーケストラ!
どうしてあんなに輝かしい音色が出るんだろう。
アラベッラを唱っているのは、美貌で誉れ高いキリテ・カナワというオーストラリア出身の名ソプラノで、まるで女優のような気品と風格があり、やっぱりガラ・オペラだけのことはある。

1幕が終って場内が明るくなった。後ろを振り返ったとき、斜め後ろの女性と眼が合い、軽く会釈をした。
その後彼女は出て行き,ボクもバルコから抜け出して、豪華な劇場内をぶらぶらした。
映画にも時々登場するオペラ座の内部、期待に違わぬ豪華さである。大理石の階段を、着飾った男女が楽しげに囁きながら、ゆったりと下りたり上がったり、華やかでスケールの大きいパリオペラ座ではあるが、やはり、ボクはスカラ座の方を好む。

スカラ座は大きくはないが、粋を込めて造り上げた華麗さと暖かさがあり、情感がある。それが、本物のオペラを聴けるという期待感へと繋がって行く。
カラーで言えば金と緋色のハーモニーである。ではパリオペラ座のカラーは何だろう。燻し銀であろうか。でもちょっと冷たい。何がそう思わせるのだろう。メッキがかった銀とは言わないが、なにか『不在』を感じさせる・・・

一通り観察してパルコに戻って来ると、斜め後ろの女性もすでに入っていて、カタログを眺めていた。彼女は学生のように若く、その夜に相応しく念入りに化粧をしていた。化粧だけではなくドレスも、あたかもガラの夕べのために新調したごとく豪華である。

「空席のようだから、前に来られたらどうです?」
ショートカットで丸顔の彼女に、そう声をかけたら、嬉しそうに下りてきて隣に座った。
当時流行った落下傘のように広がった、ブルー・シルバーに小さな草花を散らしたドレスだが、どうやらペチコートが入っているらしく、体をよじるごとにさがさと音をたてる。

娘は同じ布のショールを掛け、レースの手袋をしている。
一緒に並んで真近かに見ると、彼女はとてもあどけない。化粧も日頃はあまりやらないのに、今夜のために一生懸命考えてやった、という感じだ。

ボクも靴はともかく(幸い足元までは見えない)、お隣の彼女のために、粧し込んで来て本当に良かったと思った。そんな安心感と場内の雰囲気が、気軽に口を開かせる。

「アラベッラは初めて観るオペラだけど素晴らしい」と言うと、
「もちろんあたしも初めてよ。凄く魅惑的。ドイツ語はちんぷんかんぷんだけど・・・」
2人は同時に頷いて笑った。

自分はミラノに住んでいて、今週はパリに美術展と初めてのオペラ座を観に来たのだ,と言うと、
「ミラノ?」
パリ娘は眼を輝かせた。

「あたし、一度だけスカラ座にいったことがあるのよ。ホセ・カレラスのドン・カルロ素晴らしかったわ。もっと他のオペラも観たかったんだけど、夫が全くオペラには関心がないので・・・」

夫? なんでこんなところで夫が登場しなければならないのだろう。
せっかくのムードがぶちこわしではないか!
フランス語と片言のイタリア語と、僅かの英語を交えて,フランス娘はくったくなく、楽しげに話し続ける。
「『ラ・ボエーム』も、立ち見でもいいから観たかったんだけど・・・彼は言うの、台詞を節をつけて喋るなんて、オペラって全く不自然だよ。『Che gerida manina….(何と冷たい君の手だろうか・・・)』なんて、ちゃんちゃらおかしいって」と、ちょっと両手でポーズを取り、アリアの冒頭を口ずさむ。

「このアラベッラだって、お友達を誘ったんだけど、カルメンとかアイーダなら観に行ってもいいんだけど、なんて断られちゃったの。だから、あたし決心したの。これからは観たいオペラはどんどん1人で行こうって。ああ、今夜は来て本当に良かったわ!」

こんな娘に巡り会えて、ボクはすっかり嬉しくなった。
映画でもコンサートでもオペラでも、よくカップルの片っぽうは退屈して、あくびをしたり、落ち着きなくきょろきょろしているのを見かけることがある。そんな情景を眼にするとき、憐憫を誘うことしばしだ。
アートは共用出来る物ではないってことを知らない哀れな者たち・・・

ふと思い出したように、彼女は小さなハンドバッグから、そっと白い紙包みを取り出して開いた。
それはこがね色の数枚のビスケットであった。
「これ、よかったら召し上がって。わたしが作ったの」

噛むと、カリッと音をたてて砕け、甘い蜂蜜の香りが口の中に広がった。彼女も一つとって口にもっていきながら、『どうかしら?』と問わんばかりに、はにかんだようにボクを見ている。
何か言おうとした時、場内が暗くなり初めた。そして二度目のカリッは、拍手にかき消されてしまった。(K) 
                                
                    

| オペラノスタルジー | 17:40 │Comments0 | Trackbacks0編集

| top|

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumurakenji.blog112.fc2.com/tb.php/89-c933815f

すむらけんじ

作者: すむらけんじ
ミラノに住む広告イラストレーターです。このブログは今まで飼った猫、今飼っている猫のことを綴ったものです。
作者は左耳は生まれつき難聴にかかり、人口内耳に踏み切るまでの耳の歴史、未来のことなども連載しています。

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

すむらけんじへメールする

名前:
メール:
件名:
本文:

イラスト、写真、文の無断使用を禁止

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。